スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXIT THROUGH THE GIFT SHOP

07 21, 2011
自分が大学に入る頃はストリートファッションが流行し
ドメスティックブランドがグラフィティアーティストとコラボしたりと、
まだグラフィティーが元気な時でした。
FUTURAとかDELTAとかBarry McGeeとかストリートを離れて
ギャラリーに場所を移した売れっ子アーティストの作品は
サブカル誌を開けばいつも載っているといった感じの時です。

relaxも廃刊しカルチャー誌の無くなった今はグラフィティを身近に感じる
事もなくなりました。

今はもうそんな時代ではないし、温室育ちの10代は壁に落書きとか興味ないのかと…。




そんな事を考えながらこの映画の紹介です↓

5944637896_0cb9b367e1_o.jpg

BANKSY初監督作品「EXIT THROUGH THE GIFT SHOP」






BANKSYの名前はデザインやアートに興味を持っている人なら一度は聞いた事があると思いますし、
作品も観た事があるでしょう。


素顔やプロフィールを一切明らかにしていない覆面アーティストであり、
世界各地に出没し壁にゲリラ的に画を描いたり、有名美術館に無許可で作品を展示するなど、
“芸術テロリスト”などの異名をとる芸術家です。
その人気は高く、ブラピやキアヌ・リーブス、ジュード・ロウなどのセレブのファンも多いとのこと。
2009年夏にイギリスのブリストルで開催された大規模な個展
「Banksy versus Bristol Museum」には、のべ30万人もの人が来場したそうです。

違法行為(違法行為ぎりぎり?)の事をしながらもアートで痛烈なメッセージを残し、
より良い世の中にしようとする姿はアート界のダークヒーロー。
本人は自分の事を「ノーベル賞モノの偽善者」とインタビューで答えてるけど、
バットマンのようなダークヒーローと捉えてほしくないのがなんとなく伝わる…クールだ。



ざっとあらすじ。
主人公はビデオカメラで撮影するのが大好きなロサンゼルス在住のティエリー・グエッタ。
いとこのストリートアーティスト“スペース・インベーダー”の活動を記録し始めることがきっかけで、
次々とアーティストたちが彼の被写体となっていく。
やがて、どうしてもコンタクトが取れずにいた覆面アーティスト、BANKSYも彼の撮影を許諾する。
そして撮りためた映像を編集したらどうだと?とBANKSYに促され
ティエリー作のドキュメンタリー映像を作る。
その作品は作品とも呼べないほどのクズ映像であったため。
彼に映画作りの才能がないことに気づいたBANKSYは、撮影済みの素材を引き取り、
それを元にティエリーを主役に据えたドキュメンタリーを監督し始める。
そしてティエリーには「グラフィティアートをやってみれば」と持ちかけ、
その言葉を真に受けたティエリーは、素人にも関わらずMBW(Mr. Brainwash)と名乗り、
大規模な個展開催を目論むが……。



アートの価値はどこにあるのか? 真贋の見極めは何なのか? 村上隆っていったい…? 
軽快なテンポと、ティエリーのからっぽさで、愉快に楽しめる内容なだけに
最後には笑えない結構重いメッセージを受けとりました。

デザインやアートに少しでも関わりのある方は是非観てほしい作品です。

★★★★★



スポンサーサイト
5 CommentsPosted in 生活

最近観た映画まとめ。

07 13, 2011
どれくらい更新してなかったのか忘れてしまうほど久しぶり…。

何となく暇なので最近観た映画をまとめてみました。

適当なコメントと一緒にどうぞ↓



まずは今上映してるものから。



o0588082511237877734.jpg
「SUPER8」

子どもたちのキャスティングは最高。
冗談でやるエル・ファニングのゾンビシーンはかなり萌えます。
そこだけでももう一回観たい。
ワンシーンワンシーンのクオリティーは高く、かなり良い雰囲気。
ですが脚本が悪すぎて見た後は結局あれ?って感じ。
★★★☆☆





X.jpg
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

この作品を見るために今までのX-MEN全部見ろ!
とは言い過ぎですが、それくらいオススメです!
★★★★☆






こっからはDVD






13.jpg
「十三人の刺客」

「斬って斬って、斬りまくれ~」のあれです。
命がけで大義を果たす12人の侍の姿は、男の子なら必見です。
まあ「300」の感じですかね。
伊勢谷友介はミスキャスト。
★★★☆☆





o0300042510602449507.jpg
「 アウトレイジ」

期待を裏切らない言葉通りの痛いシーン満載です。
歯医者さんで一番やっちゃいけないシーンが一番痛かったです。
★★★☆☆





saint.jpg
「聖者の眠る街」

思ったほど感動はしませんでしたが
マット・ディロンの演技は◎
当時のホームレスの様子とか結構勉強になりました。
1980年代のアメリカの景気の悪さが伺えます。
★★★☆☆





o0344050010192304725.jpg
「グロリア」

え~古いのが一個混じりましたが、勉強のためです。
お世話になっているADの方がジョン・カサヴェテスが大好きという情報を聞き
これは勉強せねばと思い借りてきました。

この作品は「レオン」の原型にもなっているようで。
色気は全然違うけど、女性版レオンとでも言っておきましょうか。
出演のジーナ・ローランズのクールさは久々にヒットしました。
オープニングのイラストも◎ 
音楽も、ファッションも渋くて◎
★★★★☆





5dos.jpg
インセプションのジョセフ・ゴードン=レヴィット好きにはたまらない作品?
わりと人気作で少し期待してたんですが個人的にはいまいち。
主人公にほとんど共感できなかったのと、バットマンビギンズ並にヒロインが△。
★★☆☆☆





子どものように純粋無垢な気持ちで映画を観れたか?
と映画を見終えた自分に問いかける週末でした。

ではまた。
0 CommentsPosted in 生活

祝!九州 九州新幹線全線開CM

04 05, 2011
11日の大震災でこのCMはTVで流れていない。



不謹慎とかどうでもいい。

これが本当の元気玉だと思う。

0 CommentsPosted in 生活

ヒア アフターと希望。

03 25, 2011

今、「ヒア アフター」という映画が
大津波の被災シーンがあるとして上映中止になっています。

でも、この映画には最愛の人を失った時の寂しさから
残された人はどうやって生きて行けばいいのかが絵描かれています。
大津波の被災シーンはかなり酷ですが、
みんなに見てほしいと思ってます。


以下は監督を務めたクリント・イーストウッドのコメント。
「死後の世界があるかどうか、真実は誰にも分からない。
ただ、人は誰も与えられた人生を精一杯生きるべきだと、
僕は常に信じている」


今回の地震・津波でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると同時に
残された方々が生きる希望と答えを見出していけるように祈っています。


Pray for Japan 【Hope】 from OWN MAGAZINE on Vimeo.













0 CommentsPosted in 生活

PRIMUS P-114

03 25, 2011
写真


写真-1







0 CommentsPosted in 生活

AFC Asian Cup 2011 日本代表 Samurai Blue " Change "

02 01, 2011


終わった後にも続くこの感動。
この神映像すごいね。
0 CommentsPosted in 生活
プロフィール

KATO

Author:KATO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
ブログパーツ
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
NIPPON VISION 4 accessories
フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。